久喜の商業は大昔から盛んだったため、昔ながらのお店も今日では少なくなってきたと言われてはいますが、それでもまだ多く存在しています。

農産物も多く、お米のコシヒカリやイチゴや蕎麦、お茶などにも力を入れています。 特に有名な久喜の特産物は梨です。 幸水、豊水、二十世紀、彩玉、あきづき、新高の多くの種類の梨を生産しています。 梨の彩玉は埼玉県で作られたオリジナルということなので、ぜひ機会が試してみると良いかもしれないですね。

久喜には3つの大きい工業団地があり、農業だけではなく工業も栄える町でもあります。 1つ目は清久工業団地と言い、大手資生堂、大日本印刷、なとり、大林道路、日本電装などの企業が連ねています。 残りの久喜菖蒲工業団地と鷲宮産業団地があり、この工業団地には中小企業がいくつも入っています。 業種も様々で、お菓子業、印刷業、運輸業、鉄鋼系などの企業が多く集まっています。

世界的に有名なSONYマニュファクチュアリングシステムは実はこの久喜に本社を置いていましたが、SONY EMCSコーポレーションと2012年に合併したことで、久喜本社がなくなりました。

他に商業で欠かせないのが久喜の名産品です。 地元の特産物は観光や他の地域の方には最高のお土産ですよね。

名産品の1つとして久喜の最大イベントの提灯祭りをイメージした「ちょうちんサブレ」があります。 他には砂糖の代わりに塩を使った「塩あんびん」という和菓子でも有名です。 大昔砂糖がない頃、砂糖の代わりに塩を使ったと言われるお菓子です。 砂糖をかけて食べたり、醤油で焼いて食べるなどいろいろな食べ方があるようです。

ぜひ久喜へ行かれた際は食も楽しんでみて下さい。